地域課題の解決に向けて

米崎りんごア・ラ・カルトは、陸前高田市米崎地区を中心に栽培されるりんごの生産〜加工〜販売(6次化)を行い、あわせて若年無業者や大学生へ就農体験などのプログラムを提供し、若き就農者創出を目指しています。

 陸前高田市米崎町では、古くからりんごの栽培が盛んに行われており、品質も味も良く、希少ながらも陸前高田の特産品の一つとされています。
 しかし近年、生産者の高齢化が進み、後継者もいない中、木を伐採し生産を辞めてしまう農家が後を絶ちません。2011年3月の東日本大震災以降は、高台にあるりんご畑を宅地にするため潰してしまったりと、更に生産量の減少に拍車がかかっています。

 全国的にみても、現状の農業従事者は70〜80歳の高齢者が多く、また同時に、都市部への若者流出も深刻化しており、地域の未来を担う若い力が不足しています。
 また一方で、若年無業者が日本全国で63万人 いるといわれており(※内閣府2012年調べ)、貴重な若い力が意外に多く潜在していることもわかります。

 これらの背景を受けて、米崎りんごア・ラ・カルトでは、農家の後継者、若者の新規就農者を増加させることを目的として、若年無業者や大学生を対象に、りんご栽培を主とした就農体験プログラムを提供しています。

 米崎りんごア・ラ・カルトは、陸前高田の貴重な特産品を守る為に、農業を通して「地域課題(高齢化、若者流出)」と「社会的課題(若年無業者)」の解決を目指しています。

就農体験のようす 1
就農体験のようす 2
就農体験のようす 3
(就農体験プログラムの様子)

りんごのアイコン  最新情報  りんごのアイコン

<営業時間>
9:30〜17:30

<定休日>
土・日・祝・お盆・
年末年始・3月11日